ADHD・ASD社会人のための処方箋

発達障害の方向けの転職・仕事術に関することを書いています

ネットで転職エージェントを勧めてくる輩には気をつけよう

f:id:tyugen44:20180719225648j:plain

 

 

 

皆さんは、転職を経験されたことはありますでしょうか。また、その時どの媒体を利用しましたか?本日は、ネットで転職サービス、とくに転職エージェントを勧めてくる輩には気をつけましょう、というお話をします。

 

ネットの情報は鵜呑みにするな

皆さんは、転職を考え始めた際に、まず情報収集を行うと思います。業界、会社、自己分析・・・基本的に、これらはインターネットで情報を集めるのではないでしょうか。具体的には、検索エンジンで「転職 業界名」「年収 会社名」「職種名 地名」と調べたり、転職サイトで気になる求人をパラパラ眺めたり・・・。

 

でもこれらの作業って非常に面倒なんですよね。普段から転職市場に目もくれていない人なんかは、会社の選び方なんてまずわかりません。よって、多くの方がここで参考にしてしまうのはネットに蔓延るSNS(主にツイッター)での著名人の発言、または転職ノウハウが記されているブログに行き着きます。ここでは、あたかもそれらしい転職の方法論ややる気を奮い立たせてくれる熱いご指導ご鞭撻をいただけます笑。もちろん、役に立つ部分はありますし、そのメディア運営者が勧めるサービスを利用することで結果的に満足の行く転職が実現できる可能性もあります。

 

しかし、彼らの目的を改めて考え直してください。彼らの大半は、お金のために情報発信をしています(個人であればアフィリエイト収入、法人であればサービスへの誘引が目的です)。それらしいロジックを用い、あたかも「このサービスを使えば転職は上手くいきますよ^^」と我々の心を煽り、自身の収益に繋げていきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職サービスや転職のノウハウは巷に溢れすぎていて、何を信用すればいいか分からないというのが正直なところではないでしょうか。

情報収集に関して個人的な意見として、ある程度情報の質が担保されている書籍、そしてきちんと実務経験を積まれたキャリアコンサルタントに相談されるのが確度の高い情報収集方法だと考えています。

正直、有象無象のツイッターの匿名アカウントなどは胡散臭くて個人的に信用なりません笑

 

転職エージェント利用の是非についてはこちらの記事で書いています。
adhd-career.hatenablog.com

 

本日も、ありがとうございました。