ADHD・ASD社会人のための処方箋

発達障害の症状にお悩みの方に向けたライフハックブログです。

【決定版】発達障害者のビジネスバッグの選び方【ADHD・ASD】

f:id:tyugen44:20180715151706j:plain

 

発達障害者の正しいビジネスバッグの選び方

あなたは、仕事で普段どのようなビジネスバッグを使っていますか?道行くビジネスマンを見ていても、リュック、手さげ、トートバッグ、などなど多種多様です。

 

正直、何が自分に合っているのか分からない・・・なんて方も多いのではないでしょうか。今回は、発達障害者向けのビジネスバッグの選び方をご紹介します。

 

【大前提】ビジネスバッグのルール

職種や業界によってドレスコードは様々です。ですが、基本となるルールは存在します。ここさえ抑えておけば恥をかくこともありませんし、転職して業界が変わっても買い直す必要もありません。

 

■手さげであること

■革であること

■靴・ベルトと色を合わせること

■床に置いても自立すること

■簡素であること

 

これらは私の主観ではなく、ビジネス界で決まっているルールです。抑えておきましょう。

 

 

次に、発達障害者がバッグの扱いに手こずるポイントは大きく3つです。

 

1.物を入れ忘れる…

2.物が見つからない…

3.素材がくたくたして扱いづらい

 

特に、 1.物を入れ忘れる、2.物が見つからないの2点はほんとに厄介なんですよ…。対策としては、必要な物は全てバッグに打ち込むです。とりあえずバッグに入れておけば、忘れることはありません。化粧品から朝食まで、幅広くバッグへ打ち込んでいこましょう。

また、収納する場所の固定化により、物の検索性が上がります。これらが、発達障害に対する最強のソリューションです。

 

発達障害者のビジネスバックを選ぶ5つのポイント

以上を踏まえ、我々発達障害を抱える人にとってのバッグの選び方のポイントは下記になります。

 

■大容量であること

■収納場所が複数ある

■開口部が大きい・開けやすい

■鞄の外側に収納スペースがある

■へたらずしっかりした作り

 

以上のポイントを元にバッグを選びましょう。

 

また、通販で済ますのではなく実店舗で直接商品を確認して購入しましょう。直に触ってみて、自分に合いそうか否かや普段収納する営業資料やパソコンが入るか、しっかり確認しましょう。

 

できれば、自分の想定される荷物を全て入れさせてもらうのが最も安心です。定員さんにお願いしてみましょう。

 

次回は、営業職で度々外回りしている私が実際に使っているビジネスバッグを紹介します。具体的な使い方の実例も同時に紹介しますので、是非そちらも合わせてご覧になってください。

 

本日も、ありがとうございました。

 

【発達障害】男女の恋愛はサッカーと野球ほどの違いがある【恋愛】

f:id:tyugen44:20180715141117j:plain

 

 

以前、下記の記事で男女の恋愛が180°異なると簡単に触れました。

 

adhd-career.hatenablog.com

 

今回は、中々異性と仲良くなれない発達障害者に向けて、男女それぞれの恋愛の基本的な仕組みが異なることをご説明します。

 

 

女性の恋愛

大前提として、恋愛は女性が圧倒的に優位です。生物全般に言えるのですが、

 

オスがメスにアプローチ→メスはアプローチを受けた多数の相手から最も優れたオス(遺伝子)を選ぶ

 

という図式が存在します。

 

恋愛に悩む女性の悩みの大半は「いい男がいない」「付き合った後のこと」が大半ではないでしょうか。男性は女性に魅力を「外見」と「若さ」に見出しますので、とにかく外見磨きにリソースを集中することが女性の最適な恋愛戦略となります。ファッション・美容市場の大多数が女性向けなのも、これが起因しています。

 

ですから、女性が異性のパートナーを作ることは、その気があれば全く問題になりません。いい人と縁のない最大の要因は、自身の身の丈に合わないレベルの相手を求めているにつきます。

 

また、女性は子供を生み育て自身の遺伝子を脈絡と受け継いで行かなければなりません。衣食住を満たし安心して子育てするには、父親の協力が必要です。

パートナーに、自身にコミットしてもらえないという悩みが多いのも、女性特有の悩みでしょう。

 

 

男性の恋愛

女性とは打って異なり、男性はよほどの高身長イケメンでも無い限り能動的に行動を起こさなければ望む結果は手に入りません。

 

上記でも述べたように、オスは多数のメスにアプローチしてたまたま上手く行ったメスと結ばれることになります。これはラットも人間も全く同じ構造です。よって、男性の最適な恋愛戦略は、アプローチする数の最大化になります。

 

一定水準の外見を有するのにも関わらず女性に縁が無い方は、間違いなくアプローチ数の絶対数が不足しています。発達障害特有のテクニカルなハンデ云々の問題です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。男女の恋愛ルールはサッカーと野球ほどの違いがあることを理解していただけたかと思います。簡単にまとめると、

 

・女性の恋愛は付き合った後が難しい

・男性の恋愛は付き合うまでが修羅の道

 

今まで上手く行かなかった人は、上記の原理原則を理解し、自分がとるべき行動で人生を充実させていきましょう。

 

本日も、ありがとうございました。

【発達障害】発達障害者は本当に恋人が作り辛いのか?その2【恋愛】

昨日、発達障害者の特性が恋愛にどのように作用するのか?ということを簡単に解説しました。

 

adhd-career.hatenablog.com

 

発達障害には、恋愛にとっていい面も悪い面もあるということ、そして自分自身の特性がどのように恋愛に作用しているのかを知ることが大切、という趣旨を説明しました。

本日は、もう少し掘り下げて具体的な改善点を5点解説していきます(自戒を込めて)。自分に当てはまると思う箇所がありましたら、是非ご活用されてみてください。

 

f:id:tyugen44:20180715105038j:plain

 

 

1.そもそも見た目で足切りされている

まず大前提。中々異性に相手にされない人は、外見で足切りされています。人間は、初対面の人となりを外見で判断します。第一印象というやつです。スタート地点で相手の及第点に合格していなければ、次はありません。「大事なのは中身だろ!」なんて野次が飛んできそうですが、外見で生理的拒否反応を示されれば中身を見てもらえるステージへは進めません。とにかく、外見の改善は最優先事項です。

 

2.キョドっている

女性ならまだしも、おどおどしている男性はまず女性から相手にされません。ASDなど対人関係が苦手な方には少々キツイ初対面でのコミュニケーションですが、異性への免疫はある程度は慣れで克服できます。一生の付き合いである発達障害とは違う改善できるポイントですので、ひたすら異性との接触回数を増やしましょう。

 

3.自分の話をし過ぎる

過集中・衝動性の高い方がやってしまいがちな過ちですが、ひたすら自分語りをしてしまうタイプです。女性と男性の会話スタイルの違いもありますが、男性の場合は「演説型」と言われ自分の考えを理路整然と長々と話すという特徴があります。一方女性は「共感型」といって卓球のように会話が両側通行で行われる特徴があります。特に男性の場合は、うっかり自分語りをしないよう、冷静になりながら会話を行いましょう。

 

4.失言癖がある

ADHDに多いですが、思ったことを素直に言葉で表現してしまい失望されるケースがあります。私自身の経験ですが、数年前に街コンへ参加した際、うっかり相手の年齢をディスったことがきっかけで大激怒され、終始無言でその席を30分ほど過ごした苦い経験があります(笑)。対策は難しいですが、初心者の内は無理に相手をからかい関心を引こうとしない方が懸命かと思います。

 

5.デートがノープラン

我々発達障害者は、とにかく段取りが苦手です。仕事、家事、旅行・・・あらゆる場面で問題が顕在化しますが、これは恋愛でも同様です。異性にアプローチしてからクロージングまでの流れは非常に重要です。待ち合わせ場所・集合時間・2軒目の場所・自宅までの距離、そしてこれらの導線距離とそれに要する時間・・・上げればキリがありませんが、これらのタイムマネジメントロジスティクス戦略は発達障害者が特に苦手とする要素です。対策としては、毎回デート内容を全て同じにして、少しずつ洗礼させていく、というものです。同じ飲食店・同じ集合時間・同じ2軒目・・・これらを固定しましょう。いずれ、デートが洗礼されたものになっていくはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。どちらかというと男性向けの記事ですが、女性にも当てはまる部分は多いのではないかと思います。

私が声を大にして言いたいのは、世の男性はとにかく見た目に無関心でマジで改善しましょう、ということです。外見が変われば、他の少々のハンデで大きく失点することも減るのではないかと考えています。もしお役にたてる箇所がありましたら、参考にされてみてください。

 

本日も、ありがとうございました。

【発達障害】発達障害者は本当に恋人が作り辛いのか?【恋愛】

f:id:tyugen44:20180715125727j:plain

 

我々は本当に恋人を作るのが難しいのか

よく書店で、発達障害者へ向けた恋愛指南本やコラムが掲載されているのを目にします。発達障害者は定型発達に比べて対人スキルに難がある場合が多く、確かに恋人を作るのに人並み以上に苦労を要しそうな気がしないでもありません。

 

一昔前は、今ほど娯楽も発達しておらず男性であれば必死に女性の背中を追いかけスキルの低い人はお見合いによりある程度誰でも結婚もできた時代でした。しかし、現在は娯楽に溢れており人々の可処分時間を奪い合っています。さらに近年は、恋愛も完全に自由恋愛化してしまっため、恋愛の世界に厳しい市場原理がもたらされ定形発達・発達障害問わず恋人を作ること自体が非常に難化傾向にあります。

 

この厳しい市場競争において、発達障害の特性は恋愛にどのように作用するのでしょうか。大きく3つ、順を追って見ていきましょう。

 

対人スキルの低さはやはりハンデに

まず上記でも指摘しましたが、対人スキルに難がある場合はやはりそれなりに苦労します。特に男性の場合はよほど外見と生まれ育った環境が恵まれていないと消耗します。恋愛は第一印象でその後に進展するか否かが決まるからです。発達障害の多くはワーキングメモリが低く、特に聴覚からのインプットが弱いです。また初対面の人と接することに対するて心理的抵抗感や、突発的な状況への対応が苦手な点も大きなハンデとなります。

基本的に主導権を握るべき恋愛において、これらの要因は非常にマイナスに働きます。

 

仕事での要領の悪さは、恋愛でも顕在化する

発達障害者は、とにかく段取り(先を見通す力、時間感覚、物忘れ)などが問題となります。これらは、こと恋愛においても大きなデメリットとして問題が顕在化します。女性ならまだしも、主導権を握るべき男性が遅刻や以前話した会話の内容の欠落、デートがノープラン、などの問題があれば、女性から確実に格下に見られ、その時間をドブに捨てることになるでしょう。

個人的に、仕事とプライベートの生産性には密接な相関があると考えています。異性と実りのある時間を過ごすためにも、日々の仕事も手を抜かず改善していきましょう。

 

 

衝動的な特性は時にプラスに働くことも

恋愛にマイナスな特性が多い一方で、いい面に作用する特性もあります。それは衝動性です。ADHDに顕著ですが、とにかく思いつきで行動し行き当たりばったりな自分に辟易としている方も多いと思います。しかし、恋愛に関してはこの特性が非常に大きな効果を発揮します。

中には空気を読みすぎて行動できない、という方もいますが発達障害の脳の本質的な特徴は衝動的な行動が得意なことです。生物学的に、とにかく数をこなすことが子孫繁栄の最善の戦略なのですが、自分がいいと思ったら手当たり次第に行動できる発達障害の特徴は定型発達にはない大きな優位性です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。発達障害の恋愛に対する影響は、いい面も悪い面もあることがお分かりいただけたと思います。大前提として、発達障害には個々人でその特徴が千差万別です。まずは、自分の特性が恋愛にどのような面で影響を与えるのかの理解が必要です。

また、恋愛と言っても男性と女性の恋愛というゲームは全くの別物です。例えるならば、男性の恋愛がメジャーリーグだとしたら女性の恋愛は小学生の草野球のようなものです。自由恋愛には、男女間でこれだけのレベル差や攻略法が異なります。別の機会で、このあたりを詳しく解説していきますので、是非ご覧いただけたらと思います。

 

本日もありがとうございました。

 

【発達障害】定形発達に負けない仕事術【ADHD・ASD】

f:id:tyugen44:20180715130044j:plain

私達発達障害者は、定形発達の人たちに比べて何かとハンデが多いです。企業から要求される最低水準のスキルすら満たすことが難しい場合も多く、解雇されたり敗走して転職を繰り返す人が跡を絶ちません。しかし、世の中には世界を変えるレベルまでに仕事を突き詰めた人たちで発達障害と言われる起業家も存在します。彼らの伝記を読むと、確かに発達障害者特有の困った特性が如実に語られており、妙な納得感を覚えます。

 

しかし、彼らに共通するのは皆高度な知能を有するという身も蓋もない事実が存在します。発達障害には様々な症状がありますが、障害が知能に直接関わる訳ではありません。文章が上手く読めなかったり、数字の感覚が欠落していたりと断片的な困難さを有している場合がありますが直ちに知能が低い、とうい訳ではありません。発達障害を持つ人の中には、勉強ができて高学歴な人々も沢山います。というより、軽度でも発達障害の特徴を有する人は軽く見積もっても日本人の半数以上はいると思われます。

 

ただ実際我々の大多数は知能も大して高くはなく、ADHDなどの症状に悩み続け仕事に疲弊している人がほとんどかと思います。私も現在進行系で不向きな業務に向き合い、日々仮設と検証の日々です。試行錯誤する中でコツを掴める部分もありますし慣れで克服できる面もありますが、発達障害とは永遠の付き合いです。世界は資本主義社会ですので、人並み外れた結果を出すことが求められます。やはり、定形の人たちと互角に渡り合うには武器が必要です。前置きが長くなりましたが、発達障害者に即した仕事術は何かをご紹介します。

 

とにかく本を読め

主治医の先生からも同様のアドバイスを受けた方もいらっしゃるかもしれませんが、発達障害者にとって最もオススメする仕事術は理論武装です。我々は、定形の人たちと比較して情報処理能力が劣るケースが多いです。ワーキングメモリーが少ないので、コミュニケーション力や読解力、暗記力などに難がある場合が多いです。そこで、理論武装することによりこれらの弱点をカバーします。圧倒的な業界・商品知識、法務、顧客の情報、練られたトークスクリプト・・・など。とにかく情報量で圧倒し、信頼を獲得します。発達障害はルーティンを好み、枠組みを構築することに長けています。事前に大量の勉強量で知識の海を構築しておき、あらゆる自体に想定できるようにしておきます。少々のイレギュラーでしたら、既存の知識の組み合わせである程度は対応できるはずです。日頃から、大量の読書やネットや新聞などからの情報収集を積極的に行いましょう。製造業など上記のノウハウが活かしにくい場合もありますが、仕事のワークフローを自分なりにノートにまとめたり、なにかしら対策はできるはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。発達障害か否かに関わらず、読書は本当に仕事の質を上げてくれる万能薬です。日頃本を読む習慣のない方は、是非1ヶ月に1冊からでもいいので読む習慣づけをしましょう。自然と自分の特性にあった仕事の仕方が見つかるかもしれませんよ。

【発達障害】休日に休むコツは◯◯を優位にすること

f:id:tyugen44:20180715130456j:plain

本日は、疲れやすい我々発達障害者が平日に溜め込んだ疲労を、休日にいかにリフレッシュするかについての記事になります。

 

◯◯を優位にすることで、体は休まる

タイトルの虫食い部分ですが、結論から申し上げると「副交感神経」を優位にすると、疲労を軽減できます。副交感神経とは、リラックスしている時に活発になる神経のことです(逆が交感神経)。この副交感神経のスイッチをONにしてあげることで、疲れの蓄積を防げます。休日の過ごし方のキモは、これにあります。

 

休みの日はリラックスが必要という当たり前の結論ですが、具体的にとるべき行動を3点、例に示します。順に解説していきます。

 

 

①ソファで横たわる

猫がよく道に倒れて寛いでいる光景を目にすることがあると思います。忙しく四苦八苦している我々からしたら、なんとも羨ましい光景です(笑)。実は、猫たちのあの寝相には合理性があります。血流や呼吸のし易さの観点から、体を仰向けにして大の字or体を横向きにし、手足を「く」のような格好で横になるとリラクックスできます。これは私達人間も同じです。この間は、JAZZなどのゆったりとした曲を聞いたり目を閉じてジッとしておきましょう。ここで、間違ってもPCやスマホの操作はしてはいけません。たちまち交感神経優位となり、脳が興奮して疲労します。

 

 

 

②瞑想

これも「①ソファで横たわる」とほぼ同じ方法です。最近やたら様々な自己啓発書やセミナー講師が押しているリラックス法です。やり方は様々あるのですが、基本は目を閉じて腹式呼吸をしながら頭を無にする、といった感じです。

 

1.まず目を閉じる→2.ゆっくり鼻で7秒ほど息を吸いながらお腹を膨らます→3.ゆっくり口で7秒ほどかけて息を吐く。同時に腹を凹ませる・・・という感じでOKです。

 

注意点としては、呼吸に意識を向けすぎると休まらないということです。まずは腹式呼吸のマスターと、①ソファで横たわる習慣を身に着けましょう。

 

 

 

③友達とお茶する(長くて1時間くらい)

利害関係の皆無な気のおける友人と軽くお茶をすることも、気持ちをリフレッシュするには効果的です。基本夜に行う飲み会と違い、お昼に1時間程度の短時間での実施という点がポイントです。ADHDの場合は過集中という特性上、ついつい話し込んで時間があっという間に経過してしまいがちです。事前にこの日は14:00〜15:00まで、といった形で相手に時間制限を設けておくと相手も気遣ってくれやすいです。また、体が冷えるものや糖質は抵抗力が落ちるので、グッとこらえてサラダやホットレモンティーなどに留めておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。簡単の家事と友人とのお茶、あとはゆっくりベットで寛ぐなどスローライフな休日を過ごすことで、効率的に仕事の負荷を癒やしていきましょう。試しに1ヶ月に1度でいいので実践されてみてください。いつもと違う、頭・体のキレを実感できるはずです。またコツとしては、スケジュール帳に数週間前から「じっくり休む日」と休む予定を入れましょう。これで休むことをサボる抑止力になります。是非、試されてみてくださいね。

【発達障害】休日に◯◯してはいけない。正しい休み方

f:id:tyugen44:20180715130803j:plain

先日、休日にこそタイムマネジメントを徹底することの重要性を記事にしました。そこで軽く触れたのですが、一口に休日と言っても疲労が増す場合・癒える場合の2パターンが存在します。

 

adhd-career.hatenablog.com

 本記事では「休日にしっかり休む!」をテーマに、私たちがよくやりがちな誤った休暇の過ごし方を取り上げます。

 

会社員の休日の本質とは?

平日仕事の方は、土曜日になると意気揚々としてプチ旅行へでかけたりオールで飲み明かしたりといった、俗にいうリア充的な充足感を求め娯楽に時間と体力を投じます。これこそが、「疲労」の観点からしたら悪手な休日の過ごし方。休日に「娯楽」に興じることこそが、疲労の源泉と言えます。

 

少し話が変わりますが、会社員にはなぜ休日があるのでしょうか。休みに家族や友達と過ごしてもらうため?仕事の勉強時間にあてるため?これらは間違いではないのですが、会社員の休暇の本質は「元気に働き続けてもらうために仕事の疲れを癒やすための時間」です。毎週びっしり予定を入れ、朝から晩まで動き続けるのは明らかに本質と乖離しています。年齢や体質によって必要な休息時間は個々で異なりますが、お国は体力が回復するのに週休2日は必要と判断されているみたいですね。

 

もちろん休暇に何をすべきかは個人の自由ですが、発達障害者はただでさえ定形発達の方より疲れやすいのです。計画的な休息が必要なのは言うまでもありません。では、具体的によくありがちな奨励されない休日の過ごし方を見ていきましょう。

 

旅行

よくある代表的な疲労を貯め込む過ごし方ですね。長期休暇に、条件反射のごとく遠出される方は非常に多いと思います。また旅行に限らず、お盆や正月の人口密度の多い時に帰省するなど盲目的に疲労を貯め込む行動を起こしています。一時的な充足感は感じれるかもしれませんが、長距離移動や新たな環境への適応など、旅行は疲労を蓄積するる要因の温床です。帰宅後も2日ほど休息する日を設けるなど、体に無理のない計画で楽しみたいところです。

 

クラブ遊び・飲み会

アルコールと夜遊びという雑なくくりになりますが、夜遅くまで活動すること、そしてアルコール摂取は人体のいたるところに悪影響を及ぼします。中には仕事終わりに週4でクラブへ出撃する猛者もいますし、私には到底真似できません(笑)金曜や土曜日など、あまり仕事に影響の出にくい曜日のみにこのような遊びは行うことが望ましいでしょう。

 

映画、漫画、ゲーム

 意外と思われるかもしれませんが、映画、漫画、ゲームもあまり推奨される休日の過ごし方ではありません。これらに限った話ではないですが、人間は交感神経(脳が活発に働いている状態。逆が副交感神経。脳がリラックスしている状態)が優位になった状態ですと興奮状態となり、疲労が蓄積します。これはまったりしたヒューマンドラマなどジャンルを問わず同様です。集中するという状態が疲労を招きます。ですので、翌日に仕事を控えた日曜日の夜などは、このような娯楽は控えた方が良いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。我々の休日の過ごし方なんて、大した違いは無いので多くの方が当てはまったのではないでしょうか。もちろん仕事のストレスをこれらの娯楽で発散することはある意味大事ですが、本末転倒で消耗することは防ぐべきです。次回は、ではいかにして休めば良いの?という問いに対してお答えしていきます。それでは。